強い防腐作用

はちみつとの違いとは?

はちみつとプロポリスは見た目にはよく似ていて、一見するともしかしてはちみつとプロポリスは同じ仲間なのかもしれないと思うでしょう。
しかし、その中身などは全く違います。
はちみつは花の蜜をたくさん集めて体内で消化して作るものです。

どのような仕組みになっているのかというと、花の蜜を体内で果糖とブドウ糖に分解して、巣の中で凝縮することによりはちみつが出来上がります。
それに対してプロポリスは、ユーカリやポプラなどの樹液から出る分泌物と唾液を混ぜて作ります。
プロポリスは、ミツバチがその混合物をよく咀嚼して作られています。

このように構成されている成分が違うことにより、その役割も全く違ってきます。
プロポリスは抗菌性の強いものです。
はちみつは甘いものであり、人類が初めて使った甘味料だと言われています。

そして、プロポリスは甘い味ではなく、松ヤニの香りがするもので決しておいしいものではありません。
はちみつとプロポリスはよく似ているものですが、その構成成分や使い方なども全く違うものです。
香りや味も全く違います。
それぞれに働きがあり、人の健康の助けになったり、有効なものですから両方を取り入れるととても健康になれるはずです。
プロポリス蜂蜜のレモネードの作り方についても合わせてご覧ください。

このページの先頭へ