強い防腐作用

日本知られているプロポリスの歴史

日本ではニホンミツバチがいますが、プロポリスを作らなかったために日本でのプロポリスの歴史はそれほど深くありません。
プロポリスは1985年ごろに名古屋で開かれた国際養蜂会議で紹介されたことがきっかけです。
そして、日本でもプロポリスの研究が始まりました。

プロポリスは健康食品としてたくさんのCMなどで知られるようになって、広まりました。
プロポリスはがんに効くものとされて、抗がん剤のような役割で使われることが多かったようです。
難病のがんに効くクスリなら副作用や痛みも少ないプロポリスは大変有効なものだということになります。

プロポリスは海外では医薬品として認可されています。
ルーマニアやドイツ、ロシアなどの先進国でもちゃんと使われています。
日本ではプロポリスの歴史が浅いためにまだまだ研究が進んでいません。

人工ではつくることのできないプロポリスは、今後は海外と同じように医薬品として医療現場などでプロポリスを利用することも多くなることでしょう。
日本のプロポリスの品質ガイドラインには、プロポリス食品規格基準というものと、日本プロポリス協議会によるものがあります。
品質のよいプロポリスを選んで健康的になっていきましょう。

このページの先頭へ